読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K A M O M A I L

ネコに煮干しをあげてください。

くるべきときがくる準備

日日

うしなってから後悔したり反省したりするのは、下品だ・・・と思っているけれど、いざうしなってみると、うしなったことをきっかけに心持ちが変わること。
リアリティ。

でも、きっかけなどなくても、ときがくればおのずから変わることがあったりして。
おさまるときにおさまるように、くるべきときがくるように、できている。

ヒロシマ巡礼

見物 ヒロシマ

実家に帰る道すがら、足をのばしてヒロシマのともだちに会いに。
そして、ついでに平和記念公園に。

f:id:kamokamokamo:20170105000907j:plain

f:id:kamokamokamo:20170105000937j:plain

f:id:kamokamokamo:20170105001001j:plain

ヒロシマに住んでいたときは、下宿が逆方向なのもあり、いつでも行けるからと思っていたのもあり、なかなか足がむかなかった。

滔滔と水をたたえた広場を渡っていると、71年ぽっちじゃなかなか癒えない、癒されない乾きもあるよねえ・・・と

f:id:kamokamokamo:20170105001055j:plain

脇にうまったガラス破片を触らせてくれた、ここに眠っている人とその息子のために。

f:id:kamokamokamo:20170105001407j:plain

犬島の思い出。

見物 オカヤマ

柳幸典の展覧会を見て犬島に行きたくなったので、思い出をふりかえるのじゃよ・・・・・
(フォワフォワフォワフォワフォワ~~♪ ※ 思い出している音)

 

f:id:kamokamokamo:20161224190152j:plain

犬島は瀬戸内海は岡山県にある小島。
桃太郎伝説とゆかりがある島で、桃太郎におともした犬が鬼退治のほうびにもらったのが犬島・・・とも言われています。
明治期には銅の精錬所が建造されましたが、銅価格の暴落とともに第一次世界大戦直後に操業停止。その後、福武財団が精錬所を買収し、柳幸典と三分一博志の犬島精錬所美術館を中心に犬島アートプロジェクトが展開されています。

2010年からは瀬戸内国際芸術祭が開かれ、今年は3回めの開催でしたが・・・行けなかったなあ・・・・・(´・ω・`) しょんぼり。

続きを読む

ワンダリング・ポジション、さまよえる

見物 カナガワ

おシゴトが早くおわったので、ランチをごちそうになってのち、ヨコハマまで足をのばして気になる展覧会めぐり。

ヨコハマ・・・その昔、すみっこの方に一時住んでいたことがあるが、あいかわらずよくわかんない感じがある。水辺に渡しの板が連なって、足元がふわふわと捉えどころのない、その不安定さがたのしい・・・イメージ。(港町だからかな。)

 

冬なのにぬるまゆい空気の中、ひさびさのみなとみらい線、馬車道駅をおりまして、BankART Studio NYK で『柳幸典 ワンダリング・ポジション』展

f:id:kamokamokamo:20161223183546j:plain

よかった。

続きを読む

「お前、写真撮ってねえじゃねえかよ」

見物 トーキョー

f:id:kamokamokamo:20161210215340j:plain

恒例の東下り美術館めぐりシリーズ。東京国立近代美術館のトーマス・ルフ展
トーマス・ルフは、その昔大阪で見たグルスキーと同じく、ベッヒャー派の写真家です。

f:id:kamokamokamo:20161210220656j:plain
グルスキー先生のカミオカンデ、(*゚∀゚) ハァハァ

ベッヒャー派って、ベッヒャーさんに教えを受けた人たちのことでしょ?よくわかんないけど、タイポロジーでしょ?程度にしか知識がないのですが・・・・・
このレビューを読んで、「ルフ先生のスーパー頓智大会」?なんだかおもしろそう!と思って見に行きました。

続きを読む