K A M O M A I L

ネコに煮干しをあげてください。

しあわせなしあわせな時間

f:id:kamokamokamo:20170604124940j:plain

キョートに戻ってきて以来、お世話になっているお店で夜ごはん。
毎年この時期には周年記念の特別メニューをいただきに。

初夏らしく、ほのかにスパイスの効いた料理の組み立て。あいかわらず、いずれのお皿もおいしかったですが、特に、アワビの瞬間フリチュール、オマール海老のスパイスロースト・・・よかった。

f:id:kamokamokamo:20170604125000j:plain
晩柑のスフレ

通いはじめたころはおかわりのパンを何個もいただいていたけど、最近は1つで十分。
「その年齢その年齢でちょうどいい量がありますものね」

休日の口福。
「おいしいね」「おいしいね」とくりかえす、しあわせなしあわせな時間。

定番コースと若草山

さて、奈良です。

f:id:kamokamokamo:20170603153326j:plain

奈良公園に立ち入るや現れる鹿鹿に「わー、奈良だー」と高揚してくる。とおりすがりの小学生たちも一様にはしゃいでいて「みんな、鹿に興奮しすぎー!」って、キミも興奮しとるがな・・・・・

快慶仏を拝んだのち、

興福寺で「阿修羅 天平乾漆群像展」。

f:id:kamokamokamo:20170603080221j:plain

続きを読む

快慶見仏記

ちょっとひといきの気分転換のおさんぽに、奈良まで。

f:id:kamokamokamo:20170603080217j:plain

「快慶展」が6月4日までなので、奈良国立博物館にかけこみで見仏してきました。

f:id:kamokamokamo:20170603080216j:plain

快慶は、運慶と並び称される平安・鎌倉期の仏師。東大寺南大門の金剛力士像は超有名です。セットにして語られることの多い二人ですが、兄弟でも親戚でもなく・・・運慶の父・康慶の奈良仏師工房に所属していたのが快慶。作風は「運慶は立体感があって迫真的。快慶は絵画的で端整。」と言われておりますが、はてさて。

続きを読む