読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K A M O M A I L

ネコに煮干しをあげてください。

大江健三郎ごっこ

昔から忙しくなりかけると、自我のバランスをとる妄想として、大江健三郎ごっこというのがあります。

大江健三郎は愛媛・松山の出身なのですが、著書の中でしばしば「四国の森から都会に出てきて・・・」云々という語りがある。これに我が身を重ね「ピロシマの山から街に出てきて・・・」云々と妄想するわけ。

ヒロシマの「生命の木」 (NHKライブラリー)

ヒロシマの「生命の木」 (NHKライブラリー)

 

そうすると、あの田舎で生きて死んでもよかった野良猫な自分(それも甘美で幸福なことだけど)と、いろいろな選択の末に今ここにいる自分(本質的には野良猫)とを俯瞰して・・・・・少し隙間ができてくる。

決して、黒人兵を飼育する妄想にとらわれるわけではありません。