K A M O M A I L

ネコに煮干しをあげてください。

せっせと東下り、木曜日のネコ。

f:id:kamokamokamo:20160126073854j:plain

朝からのうちあわせで、たびたびの東下り。
寒波の影響で東国は雪模様。昨日は関ヶ原を越えるのに手間取って1時間遅れとの話もあったので、早起きして出発しました。

今年はまだ雪を見ていないのだけど、うっすらと雪の積もる山やらをぼんやりながめてと、今とおりすぎているこの風景をなつかしいと思う人もいるのだろうなあ、とよくわからない感慨にふける。

 

午前のうちあわせがおわりまして、お昼ごはんの時間を節約し、三菱一号館美術館の『プラド美術館展』へぷらり。(プラドだけにプラ・・・( ゚∀゚)・∵.グハッ!!)

f:id:kamokamokamo:20160130095726j:plain f:id:kamokamokamo:20160130095749j:plain

プラド美術館は歴代のスペイン王室のコレクションを収蔵していますが、今回の展覧会では、大型作品ではなく小さな作品が出品されています。スペイン・ハプスブルク家からブルボン家に王朝が変わると、黒っぽい質実な画面から華やかな画面にご趣味が変わるあたり・・・統治者が変わると文化が変わる例を見るようで、おもしろいなあ。

さて、作品はひとつひとつ顔を近づけてみないと微細な部分までわからないものが多く、王さまたちもプライベートな空間でお気に入りの作品をそばに置いて、こうしてながめたりしてたのかな・・・と。卑近な話ですが、実家の部屋の片隅の扇面屏風を、やることがなくてぼんやりしたときに、表面のテクスチャや筆づかいをながめていたな、こんなのが家にあったら、飽きずにずっとずっと見てるだろうな・・・と。
ささやかだけど目がよろこぶ展覧会でした。

初来日という、ヒエロニムス・ボスの奇天烈な寓話絵をたのしみに見に行ったのですが、ヤン・ブリューゲル2世「地上の楽園」やヤン・ファン・ケッセル「アジア」が、西洋版・樹花鳥獣図屏風か動植綵絵みたいでよかったですね。

 

f:id:kamokamokamo:20160130095811j:plain

気分転換も済んだところで午後から、国会図書館で調べ物して・・・

f:id:kamokamokamo:20160130095826j:plain f:id:kamokamokamo:20160130095857j:plain

せっせと働きづめでおつかれ気味なので、ヘルシーめのおつまみと、(なぜか)キョート・五建ういろの花見団子をいただきつつ、新幹線でいっぷく。まだまだがんばる。