K A M O M A I L

ネコに煮干しをあげてください。

創造と神秘のサグラダ・ファミリア、見てきました

パンの上に牡蠣のオイル漬け(燻製なし)をのっけて、パクリ。白ワイン、グビリ。
お風呂に入ってうだうだしていたら、今日もおうちでごろごろしよーかなー・・・という気持ちも高まってきましたが、休日ひきこもり記録更新中なので、外出。

映画『創造と神秘のサグラダ・ファミリア』を見てきました。

f:id:kamokamokamo:20160206234213j:plain

スペインはバルセロナのサグラダ・ファミリア 聖家族贖罪教会は、カタルーニャの建築家アントニ・ガウディが設計した教会。1882年に着工したものの、1世紀を経てもまだ完成に至らない未完成の教会です。
この映画は、サグラダ・ファミリアの歴史や、建築に関わる人々(現場監督、彫刻家、建築家・・・)のサグラダ・ファミリアへの思いをつづるドキュメンタリー。
ガウディは生前、生誕のファサードと地下聖堂のみしか完成させておらず、しかも設計図を起こさず模型で構想を示していたが、スペイン内乱でほとんどが消失。一時は建築中止も検討されていた。しかし、残されたわずかな資料に寄りながら、ガウディの視線に寄り添うもの、ガウディの思考から離れるもの・・・建築家の死後、建築家の頭の中にあったものを解釈しながら、作り上げようとする。
生誕のファサードと受難のファサード、教会としてのあり方と歴史的建造物(劇中では、テーマパークと言われていたけど)としてのあり方。今も昔も関わる人々を受けとめて、これが長い長い時間が経つということなんかな、と。

いったいいつ完成するのかと思われていたサグラダ・ファミリアも、ひとまず2026年の完成をめざしているよう。完成せんでもいい、永遠に作りつづけていてほしいような気もするけれど。

いつかホンモノを見に行きたいな。

f:id:kamokamokamo:20160206234224j:plain

劇中流れていたバッハ「ロ短調ミサ」を聞きながら、ごはんどころを探したけど、イマイチピンとこず。いつものコーヒー屋さんでいっぷくして帰る。