読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K A M O M A I L

ネコに煮干しをあげてください。

宮川香山、超絶技巧

見物 オーサカ

まいど友人のハリネズミさんとおさそいあわせの上、宮川香山展

まちじかんにバラ見をしたのち・・・

ネコの水指の垂れ幕をめざし、中之島の東洋陶磁美術館へ。

f:id:kamokamokamo:20160518072006j:plain

宮川香山は明治期に活躍した陶工。生まれ育った京都から、輸出向けの陶磁器製作のため横浜に移り住み、そこで真葛窯をひらきました。横浜に行ってみたもののよい土がなく、工房の立ち上げには苦労を伴ったそう。
当初は海外ウケのよい薩摩焼を製作していたのですが、金をふんだんに使う薩摩焼は製作コストが高く、そや、金の代わりに細工を盛るんや!とばかりにはじめたのが、緻密な「高浮彫」という技法。こちらが大変評判がよく、万国博覧会への出品を契機に、Makuzu Kozan の名を世界に知らしめたのでした。

殖産興業の一環で製作された品がほとんどのため、日本国内に残る作品は少ないのですが・・・今回の展覧会では、研究家の田邊哲人が海外から収集したコレクションを中心に展示されています。

f:id:kamokamokamo:20160521091632j:plain

超絶技巧な品品が楽しめるところ、細工の細かいことといったら!くわえて、デザインもおもしろく、見る人の気持ちをわくわくさせること、まちがいなし。
『黒釉高浮彫枯蓮ニ蛙花瓶』『高浮彫風神雷神百鬼夜行花瓶』あたり、大好きです。

 

写真撮影が可能なコーナーもありまして、わーい!とばかりに激写。

f:id:kamokamokamo:20160518072023j:plain
f:id:kamokamokamo:20160518072042j:plain
f:id:kamokamokamo:20160518072056j:plain
f:id:kamokamokamo:20160518072116j:plain
f:id:kamokamokamo:20160518072132j:plain
f:id:kamokamokamo:20160518072238j:plain

どうやって作っているのでしょう?だって、焼き物だぜ?
すごすぎて、次第に頭が混乱してくる。

 

こうした高浮彫の製作には精度を上げるほど何年もの期間を必要とするそうで、その生産効率の悪さから、香山は次第に磁器、釉下彩の研究に没頭していきます。

こちらの作品も本当にすばらしくて、見る人を楽しませようおどろかせてやろう、という心意気にあふれた品品にため息、うめき声しかでてこない。

f:id:kamokamokamo:20160518072354j:plain

まこと眼福でした。

f:id:kamokamokamo:20160518072330j:plain
にゃーん(たびたび)