K A M O M A I L

ネコに煮干しをあげてください。

田舎ぐらしとネコの日日

f:id:kamokamokamo:20160726055909j:plain

しばらくの実家ぐらし。

f:id:kamokamokamo:20160726055956j:plain

f:id:kamokamokamo:20160726055841j:plain


頭かくして尻かくさない例。

f:id:kamokamokamo:20160726065359j:plain

尻かくして頭かくさない例。

f:id:kamokamokamo:20160726065431j:plain


f:id:kamokamokamo:20160726065452j:plain


f:id:kamokamokamo:20160726065523j:plain

僕は、僕の内部からひとりでに出てこようとするものだけを、生きてみようとしたにすぎない。
(ヘルマン・ヘッセ『デミアン』)

リルケ『マルテの手記』も読もう。


f:id:kamokamokamo:20160726065641j:plain

f:id:kamokamokamo:20160726065724j:plain

さみしいのかふだん寄ってこないわがはいにも頭をすりつけて、ニャオンという。うい奴となでていたら、眠くなってもういいとひっかく。めんどくさい奴。

f:id:kamokamokamo:20160726065823j:plain

f:id:kamokamokamo:20160726065901j:plain

連泊から交代で帰ってきて、離れに大量のざぶとんを運んだ後、2階に上がってみたならば、はげしくくつろいでる。

f:id:kamokamokamo:20160726065932j:plain


f:id:kamokamokamo:20160726070017j:plain

ネコ氏がなついてくれるのは、わがはいが餌をやったりなでたりする不断の努力のおかげ・・・(いえーい!)と思っていたが、わがはいをむかえにきてくれたおばちゃんにも、なでてくれーとすり寄っていく様を見て、おまえは誰でもええんかー!と脱力。
まあよし。

f:id:kamokamokamo:20160726070104j:plain

f:id:kamokamokamo:20160726070132j:plain


お祭りなので、外ではなつかしいお囃子が町を練り歩いています。

f:id:kamokamokamo:20160726070209j:plain


f:id:kamokamokamo:20160726195728j:plain

f:id:kamokamokamo:20160727061512j:plain

f:id:kamokamokamo:20160727061536j:plain

f:id:kamokamokamo:20160727061759j:plain

おやすみんみんぜみ。

f:id:kamokamokamo:20160727062526j:plain

・・・ではなく、クマゼミ。

f:id:kamokamokamo:20160727061641j:plain


f:id:kamokamokamo:20160727062243j:plain

庭になったブルーベリーを煮る、簡単なお仕事。

f:id:kamokamokamo:20160727062330j:plain

f:id:kamokamokamo:20160727062433j:plain

f:id:kamokamokamo:20160727062459j:plain


f:id:kamokamokamo:20160727061825j:plain

庭の枝打ち。

f:id:kamokamokamo:20160727061836j:plain


なつやすみもぼちぼちおわり。
ホーホケキョも鳴き方が次第にうまくなっていくのかな・・・練習するのかな・・・と言っていた人は、今はもういない。

f:id:kamokamokamo:20160727061907j:plain


f:id:kamokamokamo:20160727061934j:plain

いざ上洛。