読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K A M O M A I L

ネコに煮干しをあげてください。

「お前、写真撮ってねえじゃねえかよ」

見物 トーキョー

f:id:kamokamokamo:20161210215340j:plain

恒例の東下り美術館めぐりシリーズ。東京国立近代美術館のトーマス・ルフ展
トーマス・ルフは、その昔大阪で見たグルスキーと同じく、ベッヒャー派の写真家です。

f:id:kamokamokamo:20161210220656j:plain
グルスキー先生のカミオカンデ、(*゚∀゚) ハァハァ

ベッヒャー派って、ベッヒャーさんに教えを受けた人たちのことでしょ?よくわかんないけど、タイポロジーでしょ?程度にしか知識がないのですが・・・・・
このレビューを読んで、「ルフ先生のスーパー頓智大会」?なんだかおもしろそう!と思って見に行きました。

まずは、ルフ自ら写真を撮った作品から。

f:id:kamokamokamo:20161210215245j:plain
Porträts
大きくひきのばされた証明写真

f:id:kamokamokamo:20161210233755j:plain
Häuser
デュッセルドルフの集合住宅たち

f:id:kamokamokamo:20161210215357j:plain
Nächte
暗視スコープごしのデュッセルドルフ

いわゆる美しい写真・・・というより、よく考えると、ん?と思わせるような、常識をふるふるとゆさぶるような、写真のあり方。共通する型をあつめることで、意味やイメージを想起させる。タイポロジー。
コンセプトとそれを表現する力。

そして、ルフが写真を撮っていない作品たちの本領発揮ぶり。

f:id:kamokamokamo:20161210215440j:plain
Substrate
エロアニメをあれこれ加工した作品
f:id:kamokamokamo:20161210231939j:plain
jpeg
離れているとふつうの写真っぽいが・・・
近づくとブロックノイズだらけ
f:id:kamokamokamo:20161210215653j:plain
zycles
サイクロイド曲線を出力したもの(写真?)
f:id:kamokamokamo:20161210215414j:plain
f:id:kamokamokamo:20161210232216j:plain
ma.r.s.
NASA探査船画像より、未来に降り立つ火星風景
f:id:kamokamokamo:20161210215507j:plain
Photogram
コンピュータ上の仮想暗室で物体や光源の位置を操作し
レンダリングしたもの(写真???)
f:id:kamokamokamo:20161210215330j:plain
negatives
19世紀末の鶏卵紙の写真を反転ネガ化
f:id:kamokamokamo:20161210215558j:plain
f:id:kamokamokamo:20161210215530j:plain
press++
新聞の写真原稿のおもて面と裏面をマージ

確かにもとは写真や写真の技法・・・なのだが、今見ているこれは写真?写真といえるのか??うーむ、とうなる。

日曜美術館のインタビューでルフ先生曰く。

多くの人は 写真が真実を写すものと信じ 漫然と見ていますが
撮る側の思惑で簡単に操作できるものなのです。
私は 見る人に「自分が見ているものは何なのか」と
しっかり考えさせる見せ方をしたいのです

いずれにせよ 私にとっては写真を「撮る」ことよりも
写真について「考える」ことのがずっと面白いのです

写真はテクノロジーと表現の合いの子。テクノロジーの変化に伴って、あり方を変えていく写真。その写真のあり方を、表現で問うていくルフ。

大きな作品たちの前で「お前、写真撮ってねえじゃねえかよ」とじわじわにやにやしながら、うーん、おもしろい!

f:id:kamokamokamo:20161210215637j:plain

東京での展覧会はおわってしまいましたが、金沢は21世紀美術館にも巡回しているようです。おたのしみに。

f:id:kamokamokamo:20161210215217j:plain