読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K A M O M A I L

ネコに煮干しをあげてください。

さあさあ、お酒をのみませう

見物 キョート

f:id:kamokamokamo:20170202002709j:plain

お酒を飲むたびに、ああ、大人になってよかった、飲めるからだでよかったと思う。この世にはつらいことも多いが、いや、そんなにつらいこともないが、ちょっとつかれてたり、嫌なことがあったときにおいしいお酒とおいしいごはんをいただくと、たちまち弛緩して、どうでもよくなる。

どうでもよくなる。
この世にはどうでもいいことで満ちていて、たいていのことはどうでもいいことなのであった。どうでもいいことにとらわれて、どうでもよくないことをおろそかにしてはいかんと思う。それでは、どうでもよくないこととは何なのか?例えば・・・・・

 

ハッ、意識がしあさっての方向にとんでいました。
先日、まいど友人のハリネズミさんに誘われて、英勲は齊藤酒造の蔵見学に行ってきました。

蔵開きにはたびたび足を運んでいるものの、実際に製造している蔵の中に入るのははじめて。
「納豆、ヨーグルト、柑橘類は食べちゃダメ」との注意喚起に、納豆は納豆菌、ヨーグルトは乳酸菌だけど、柑橘類って・・・?と思いつつ、蔵内環境の維持は重要なことやね、と念のため待ち合わせ前にお風呂に入って出奔。

f:id:kamokamokamo:20170212113839j:plain

雨がぱらつく中、蔵見学の前に製造工程を映像でおさらいし、帽子と足カバーを装着して蔵の中。製造の方が自ら説明してくださって、工程それぞれのお話をふむふむとうかがいます。

昔はすべて人の手で醸されていたお酒も(洗米もストップウォッチで計って秒単位の作業をしていた)、今や一部機械化され省力化が進んでいるよう。それでも人の感覚や加減でコントロールしている部分も多く、そういったものをいかに承継していくか・・・杜氏の高齢化に伴う社員杜氏への移行話やら・・・・・

ほな日本酒作ってみましょか、とご家庭でお気楽に作れるものではない(※その前に酒税法に違反しますが(笑))ということがよくわかりました。

f:id:kamokamokamo:20170212113857j:plain
近所の撮影スポット、松本酒造

発酵をコントロールするには温度が上がらない冬場の作業が必須だそう。特に大吟醸は酵母がアルコール発酵するギリギリの温度管理をして、雑味が出ないようにするそうです。

肉体労働に加えて、目には見えない酵母たちとのおつきあい。
これはホンマ職人技やなあ、おいしいお酒を作ってくださって、ありがたやありがたや・・・と感謝しつつ、限定酒に舌鼓をうったのでした。

f:id:kamokamokamo:20170202002716j:plain
ひさびさの醪音

<メモ>
▼なつかしの「かもすぞ」

もやしもん(1) (イブニングKC)

もやしもん(1) (イブニングKC)

▼ながめるだけでおなかが空いてくる(じゅるり)

dancyu(ダンチュウ) 2017年3月号「愛のある日本酒がほしい。」

dancyu(ダンチュウ) 2017年3月号「愛のある日本酒がほしい。」

▼津々浦々の杜氏組合(冬は出稼ぎ、夏は農業)
日本名門酒会 公式サイト - ドキュメント-07秋頒布会 杜氏の腕比べ テーマの補足