K A M O M A I L

ネコに煮干しをあげてください。

日記:20180910-0916

f:id:kamokamokamo:20180917094949j:plain

月曜断食、2週目。断食+糖質制限の効果でするする体重が軽くなる。
1.5年ぶりぐらいの水準の体重になってきたので、しずかなよろこびにふるえている。
でも、断食した日以外の日は、わりと好きなものを飲み食いしている。

f:id:kamokamokamo:20180917113210j:plain f:id:kamokamokamo:20180917113222j:plain
土瓶蒸し(今年初) と 鮎のオイル煮


外出ついでにお皿をながめていたら、物欲を刺激されてしまい、すいこまれるようにお買い上げしてしまった。

f:id:kamokamokamo:20180917113142j:plain f:id:kamokamokamo:20180917113154j:plain
伊藤丈浩/ステキ・・・


ご近所の酒蔵に立ち寄ったら、会長(大女将)に「かあいらしい奥さんやねえ」と言われた(らしい)ので満足である。
(えへへ、会長の方がかあいらしいですよ〜♡)

f:id:kamokamokamo:20180917095005j:plain

日記:20180903-0909

疲労回復のために休んだら、翌日にタイフーンが来て、はからずも?連休になった。

ゆるゆるポニョ討伐をはじめたところだが、おいしいものを食べる機会にめぐまれていてなかなかすすまない。
ふと気がむいたので、月曜断食なるものをしてみんとす。

f:id:kamokamokamo:20180904092324j:plain

月曜断食とは、平たく言うと、断食と食事量低減のくみあわせで胃腸を休ませ、体質改善をしようというもの。まずは4週間の実験。

月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる!

月曜断食 「究極の健康法」でみるみる痩せる!


台風一過。雲が早い。

f:id:kamokamokamo:20180909090237j:plain

最中、かえるさんはベートーヴェンのテンペストでもりあがっていた。


『ゴッホ 最期の手紙』を見る。


平たい日はなんやかんやマジメにすごし、金曜日夜はひさびさに部署の飲み会。おだやかな雰囲気に、みんな、大人だなーと思う、大人になってきたなー、と。

天気がすぐれなかったのもあり、休日は読書のあいまにちょこちょこおひるね。
重陽の節句なので、それらしいお菓子を買いに行こうと思っていたのだが。
ねるのはほんとうに気持ちがいい。

f:id:kamokamokamo:20180909201538j:plain
野菜料理のレパートリー増やしたい(基本肉食)

日記:20180827-0902

お皿を見に遠出しようかなと思っていたのだが、雨も降っているし、このところ週末出突っ張りだったので、休日は養生する〜と思い、おとなしくすごす。

f:id:kamokamokamo:20180902090548j:plain

からだのメンテナンスに三条参上。
ひとしきりほぐされたあと「たいへんなことになってましたね」とのご指摘。肩も足もこっているというよりはっている。深呼吸したらやわらかくなるので、ふだんの生活でも深く呼吸をしてほぐしてくださいね、と。
ふりかえってみると、平たい日は奥歯を噛みしめてすごしていて、力んでいるんだろうなー・・・自覚症状あんまりないけど、がんばっちゃっているんだなー。

くがつは、無理しないように、ゆるゆるとすごそう。
いろんなものから、ちゃんと距離をおこう。

行きつけの小料理屋さんが長らくのおやすみからの復活。
難民と化していた常連さんたちが復活を祝って集っており、一同よろこびにふるえながら、大将のごはんを食す。よかった。

f:id:kamokamokamo:20180902090615j:plain f:id:kamokamokamo:20180902090653j:plain f:id:kamokamokamo:20180902090712j:plain
小料理屋さんスペシャルウィーク。
鴨ロース煮、出汁巻、麻婆豆腐ごはん
f:id:kamokamokamo:20180902090846j:plain f:id:kamokamokamo:20180902090729j:plain f:id:kamokamokamo:20180902090755j:plain
ハモ落とし、マグロのなめろう、ハモフライ
f:id:kamokamokamo:20180902090901j:plain f:id:kamokamokamo:20180902090909j:plain f:id:kamokamokamo:20180902090919j:plain
マグロ磯辺巻、ハモと青ウリの中華和え、モロコシのかき揚げ、などなど

その他、斜めはるか上の元上司との夜ごはんや外出や東下りもあった。盛りだくさん。

日記:20180820-0826

タイフーンが来たり頭痛が痛かったりで、いまいち集中力に欠ける週。

f:id:kamokamokamo:20180826150929j:plain

社会的生活を営んでいると、それはさすがに道理が通らないのではないのですか?と思う事象に遭遇するが、考えつづけるのも億劫なので、パラレルワールドのわたしは死んでるかもしれないしなー、と思ってやりすごす。死んでるよりも生きている今の状態の方がましである、という現実逃避である。
そのうち、死んでいる方がまし、と思うこともあるのだろうか・・・あるかもしれない。最後まで生きつづけるしかない。

ああ、うつうつとして心楽しまず、と思っていたら、気圧が低くて頭痛が痛いんだな、ということに思い至る。それはしょうがない。あらがわず眠るしかない。

うたたねの合間に『犬ヶ島』を見る。

犬の物語。人間のしゃべる“日本語”は聞こえないふりをするぐらいでちょうどよい。

回復してきたので、同僚とひさびさに金曜酒、土曜日は昼すぎに起きてオーサカまで外出。1年ぶりぐらいの友だちとシルク・ド・ソレイユの『キュリオス』を見る。

f:id:kamokamokamo:20180826151045j:plain
11:11から11:12、1分間の長い夢

あいかわらずの超絶技巧ぶりをたのしむ。

日曜日は暑の戻りの中、かえるさんにいざなわれて、にほん酒さんぽ道。貴船神社の木陰で日本酒。

f:id:kamokamokamo:20180826151008j:plain
これは酔い覚ましのラムネ

つかれがたまっていたのか、帰り道でしばしのたちくらみ。
発散したい気持ちとついていかない体力とのバランス。これは齢に限らず、わたしの人生の課題。

文化の夏2018(その3)

(その3から書いています。)

東下り最終日。朝早くに東京駅を出て、水戸に向かう。
茨城を訪れるのは、その昔つくばに行って以来。はじめての水戸。

f:id:kamokamokamo:20180909085855j:plain

内藤礼 明るい地上には あなたの姿が見える

f:id:kamokamokamo:20180909085917j:plain

自然光に照らされた展示室の中に、ガラスのビーズ、糸、鈴、風船、水の張られたレーン、ガラスの枠、ベンチ、ひと・・・がいる。
わたしの目があまりよくないせいなのかもしれないが、光が反射する部屋/薄暗い部屋では、じいっと目を凝らさないとものが見えない。目を凝らして、あ、と気づく。気づくたびにじんわりと心がふるえる。また、あ、と思う。そのたびにふるえつづける。
そんな体験だった。

作品を見ているのか、自分自身を見ているのか。

f:id:kamokamokamo:20180909085934j:plain

7室に置かれているものを拾い上げたとき、拾い上げて理解した瞬間に、ダメ!!!と思った。それぐらいゆさぶられた。ゆさぶられたことに動揺した。

もう一度ぐるぐると回遊し、自分の感覚を落ちつけたのち、帰った。

f:id:kamokamokamo:20180909085944j:plain



よかった。

f:id:kamokamokamo:20180909085904j:plain

日記:20180813-0819

お盆ということもあり週末からひとり旅なこともあり、雑用を片付けて、給料泥棒指数高くのんびり過ごす。

この夏のひとり旅は、文化の夏。去年は日帰りで津(テオ・ヤンセン展)、豊田(奈良美智展 for better or worse)あたりに出かけていたが、4月以来、出張もなくしばらく訪れていないので、はるばる東国まで下ることにする。

f:id:kamokamokamo:20180819211055j:plain
行きの富士山

この際だし、いろいろ巡ってやれと思い、盛りだくさんの旅程。まだ消化しきれていないので、おいおいふりかえる。

f:id:kamokamokamo:20180819211010j:plain
帰りの富士山

お盆が明けてから、ふきぬける風がさわやか。猛暑がウソのよう。

*****

日記:20180806-0812

日記じゃなくて週記じゃんか、とも思いつつ。

f:id:kamokamokamo:20180811205247j:plain

もっぱらの古事記編纂(とりあえず終わった)。昔のアレコレを思い出しやさぐれ、帰っては外でおいしいものを飲み食いして、こころをいやす。
「Die alten, bösen Lieder・・・昔のいやな歌・・・だね?」
「せやな」

f:id:kamokamokamo:20180811205525j:plain f:id:kamokamokamo:20180811205537j:plain f:id:kamokamokamo:20180811205550j:plain f:id:kamokamokamo:20180811205609j:plain
近所のイタリアンワインバーで ソアーヴェ・プロセッコ・肉
プロセッコ月間

おいしいものを飲み食いしているうち、おしゃべりしているうち、まあ、腹立たしいことは腹立たしいのだが、いのちがとられたわけでなし(おいしいもの、しあわせ!)、と少しもちなおしてくる。

f:id:kamokamokamo:20180811205348j:plain f:id:kamokamokamo:20180811205447j:plain f:id:kamokamokamo:20180811205416j:plain
学生時代に行っていた割烹にn年ぶりに出没
学生の分際で贅沢してたな・・・ほんまにな・・・と思う

わりと簡単である。

週末はかえるさんが燻製したもの*1を材料に、来週の食料備蓄の準備。

今週のおやつ

f:id:kamokamokamo:20180811205313j:plain
ガスパールザンザン・グレープフルーツプリン

*1:今回は、豚ヒレブロック、豚モモブロック、コロッケ、味付けたまご、明太子をくんしました。