K A M O M A I L

ネコに煮干しをあげてください。

定点観測 ぼちぼち旅立ち

ひとりだしどこか行こうかな・・・という気持ちと、つかれてるし、おうちでのんびりしようかな・・・という気持ちがせめぎあっていたが おうちにいてもウダウダしちゃうだけだしなーと思い立って、百万遍界隈まで。 タイムライン 時間に触れるためのいくつか…

友人たちとお子たちとおさんぽに。 八幡は男山のぼり(こもれびルート)。 展望台からのながめ 前日雨だったので、 どうなることかと心配していましたがお子たちの活発さのおかげで、なかなかよいペースのおさんぽでした。 石清水八幡宮 茅の輪くぐり またあ…

天候がすぐれず、入梅?と思ったが、まだのもよう。この週末はおさんぽせず。

ネコ氏とは緊張関係にある。 しかし、歩み寄りもある。

ひさびさのともだちと奈良あそび。

今週も朝のおさんぽ、嵯峨野まわり。 日本三沢の一つ 広沢池 広沢池の周りには田園が広がっていて、田植え前に水をたたえた水田がよい。 ん、古墳?古墳ありそう・・・古墳っぽい

早起きして、朝のおさんぽ。 よい天気。 伏見桃山城運動公園

朝のおさんぽ、京都府立植物園まで。生きられた庭 ガイドツアーには参加しなかったけれど、マップを片手に植物園内をめぐる。 風景を読む

藤森神社 ひきつづき、朝のおさんぽ。疎水沿いを歩く。

桃山御陵 長時間歩く練習のため、いざなわれて、朝のおさんぽスタート。 早く出かけるとひとどおりも多くなく、気持ちいい。 巨椋池を幻視す 薫風かおる日。

連休。 特に何をするわけでもなく。 (シルバーウィークのおさんぽの準備にいそしむ。)

緊張と弛緩。われをとりもどすべし。

太陽がのぼるとともにめざめ、太陽がしずむとともにねむくなる。日々。

定点観測はじめ。 雨天の花見おさめ。

夜の花見。 まだあげ初めし前髪の・・・えっと、なんだっけ。 まだあげ初めし前髪の林檎のもとに見えしとき前にさしたる花櫛の花ある君と思ひけり(島崎藤村「初恋」)

花見はじめ。もっぱら曇天。

大阪のボルタンスキー。 Le Manteau / Véroniques Animitas blans / Animitas - ChiliCrépuscule Terril 光と祈り。密度。 Monuments noirs + After

春のおさんぽ 鳥取は境港 島根は美保関 たのしい旅でした。

春のおさんぽ 島根は出雲 はからずも民藝の旅。

春のおさんぽ 島根は松江 風の強い日。

春をさがしている(春だけど)

今は今 空気がぬるんできたので、夕方のおさんぽ。 あたたかくなったら、もっとおさんぽにでかけよう。

自負はあるが、緊張している。 二律背反 ・・・でもないか。

ごろごろ、ひとやすみ

冬のおさんぽネコと煙となんとかは高いところが好き。 お父さんが生きているうちに、いっしょに来られたらよかったね。おばあちゃん。 おばあちゃんももう来られないので、ひとりで来ている。 高いところからおりて、天国に行く。

冬のおさんぽ 向井山朋子 ピアニスト ここでなく、いまでなく 立春から毎日1時間ずつずれていく演奏会。 Just before 床に座って、音の波にもまれた。一台のピアノの音に、ほかのピアノの弦もふるえていた。 不二家のネオンも瞑想的。

冬のおさんぽ イケムラレイコ 土と星 Our Planet うねりの春始原 / 東海道 / 東海道コロニア / 始原II / 始原III 水と空、空と土、土と水、その境目にあらわれる。ものとものの間にあらわれるものもの、精霊たち、生霊たち。 おもいのほか、よかった。オ…

冬のおさんぽ ソフィ・カル 限局性激痛 失恋前のふおんな明るさと失恋時の落差。 他人の喪失体験を交わすことによる回復と、時間経過による回復と。 ほか、"Ma mère, mon chat, mon père, dans cet ordre.(私の母、私の猫、私の父、この順に。)"、"Parce Q…

冬のおさんぽ 岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇跡 あるものを組み合わせて、意表をつく。 組み合わせ方、タイトル・・・・・庭園美術館との組み合わせもよかった。 不在を感じるおさんぽの、はじまり。